【XRP】リップルを携帯にチャージして決済利用が可能になる!

みなさんおはようございます!

もうすぐ令和がやって来ます。なんか気分は年末みたいな感じですね。

でも年末の寒さほどでもないですが、まだ朝晩は寒いです。

春ってこんなに寒かったっけ???って感じです。

そして今日はリップルについてお話ししていきたいと思います。
 

SPONSORED LINK

 

携帯へXRPチャージ!決済利用が可能に

イギリスのUquidが、携帯へXRP(リップル)のチャージを可能にすると、

公式ブログやTwitterで公表しました。日本を含めた150ヶ国、600以上のビジネス機関

サービスが利用できるという。日本のドコモやKDDI、アメリカのat&tなどの

大手通信企業とのサービスの連携で、ユーザーは「Uquid」を通してモバイルチャージが

可能になります。今のところ日本は、楽天株式会社傘下の「Rakuten Viber」という

インターネット電話サービスに対応しているようです。
 

 

 

Uquidの使い方は?

 

使い方は簡単!まず、Uquidの公式サイトでアカウントを作成。

すぐにサービスの利用が可能になります。

チャージしたXRPをどのような用途に使えるか説明します。

 

★モバイルデータの支払い

バングラディッシュ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、

インド、インドネシア、ニカラグア、フィリピン、カタール、南アフリカ

 

★電気代の支払い

インドネシア

 

★食料品の支払い

エルサルバドル、グアテマラ

 

★保険の支払い

インドネシア

 

★薬局での支払い

グアテマラ、フィリピン

 

★PINレス通話の支払い

米国

 

★交通機関の支払い

ニカラグア

 

★TV代の支払い

ドミニカ共和国、グアテマラ、インド、フィリピン

 

 

 

発展途上国においての仮想通貨

UquidではXRP以外にも、ビットコインをはじめ80銘柄の仮想通貨が決済可能。

なんで80種類もの仮想通貨が使えたにもかかわらず、いまになってXRPが利用可能に

なるとは、どんな経緯があったのでしょうか。上記に記載の国も、銀行口座を持たない

人口が多い国にはとても重宝されていると思います。ベネズエラも今は買い物の支払いが

仮想通貨が多いようですね。アフリカやケニアでは電子マネーがものすごく普及してい

ます。銀行が必要ないですからね。銀行で通帳が持てないなら、発展途上国の方には

本当にこの仮想通貨や電子マネーの発展が、生活や未来が大きく変わったツール

になったに違いありません。人類皆平等に幸せになれる世の中を目指して、

サトシナカモトはビットコインを誕生させたんだと思います。

サトシ・ナカモトの偽物が現れる!CZ氏がCraig Wrightに激おこ!

 

bitcoinで夢を叶える❤️チョコラより

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK