速報!【お金】日本のお札のデザインが新しく印刷されます!

みなさんおはようございます!

今日もなんだか寒いんですが、あした東京でも雪が降るとか、、、。

どうなっているんでしょう?そして急遽発表された新札のデザイン。

もともと決まっていたと思われますが、急に発表でびっくりですね。

その新しいお札を詳しく見て行きましょう!
 

SPONSORED LINK

 

一万円札は渋沢栄一

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日1840年3月16日) – 昭和6年(1931年11月11日)は江戸時代武士官僚実業家第一国立銀行東京証券取引所一橋大学東京経済大学などといった多種多様な企業、学校の設立・経営に関わり、「日本資本主義の父」ともいわれる。武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)出身。

急に福沢諭吉から渋沢栄一に変わるからなんだか見慣れませんね。

新札は2024年をめどに導入されて行くようです。桜の花のデザインが可愛いですね。

1万円札やお金がなくなるという迷信は、もしかしたら迷信で終わるのかもしれません。

仮想通貨や電子マネーに変えるまでにもやはり、お金が必要ですもんね。
 

 

 

5千円札は津田梅子

津田 梅子(つだ うめこ、元治元年12月3日1864年12月31日) – 昭和4年(1929年8月16日)は、日本教育者。日本における女子教育の先駆者と評価される。女子英学塾(のちの津田塾大学)創立者。

初名はうめ(「むめ」と書いた)で、明治35年(1902年)に漢字表記に改めて「梅子」とした。

5千円さつは現在と同じく女性ですね。わたしは歴史はあまり詳しくないですが、

日本の偉大な方で私の知らない人まだまだたくさんいるんですね。見たことはあるんですが。

そして新しい5千円の新札のデザインは、カラフルな鞠の柄が可愛いですね。

ところで2千円札は一体どこに行ったのでしょうか、、、。
 

 

 

千円札は北里柴三郎

北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう、1853年1月29日嘉永5年12月20日) – 1931年昭和6年)6月13日)は、日本医学者細菌学者である。貴族院議員従二位勲一等男爵医学博士

私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名の内の1人)[1]、私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長。

日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。門下生らはドンネル先生[注 1]との愛称で畏れられて、親しまれていた

北里大学はこの北里さんからきてるようですね。色々勉強になります。
 

 

 

500円玉も一新

新しいコインんは値打ちがつきそう!集めてもいいかもしれませんね。
 

 

 

お金を新しくすることの意味

タンス預金が動き出し、自動販売機などの機械や駅の改札の機械も一新、

今まで使っていたラーメン屋の券売機も変えなくてはならなくなります。

強制的に色々新しくするのにお金を使わなくてはならない仕組みです。

私たちも色々勉強しなくてはいけませんね。

 

bitcoinで夢を叶える❤️チョコラより

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK