【XRP】Ripple社サンフランシスコ州立大学へ2500万ドルのXRPを寄付!

みなさんこんばんわ!

昨日から、わたしの中でまたラーメンブームが来ていて

二日連続でラーメンを食べに行って来ました。よかったらインスタでどうぞ!

そして今日は、久しぶりにリップルについてお話ししていきたいと思います。
 

SPONSORED LINK

 

2500万ドル相当のXRPを寄付

サンフランシスコ州立大学の公式の発表で、Ripple社の共同創設者兼理事長

Chris Larsen氏と、その妻Lyna Lam氏が、サンフランシスコ州立大学に2500万ドル

(約28億円)の仮想通貨XRPを寄付したことがわかりました。

Larsen氏はサンフランシスコ州立大学の、1984年の卒業生だそうです。

そしてこの寄付金は米国において最も金額の大きい「デジタル・アセット」

による大学への寄付金となりました。

寄付金は、Larsen氏が2015年に共同で立ち上げた「Rippleworks」という

ソーチャルベンチャー企業を支援する非営利団体とともに提供したもの。

サンフランシスコ州立大学はこの寄付金を、フィンテック起業家を目指す学生を

サポートすることに活用することを約束しました。
 

 

 

Ripple社は教育に惜しみなく寄付をする!

昨年の9月に、Ripple社は教育と金融包摂を目的とした「Ripple for Good」

というプロジェクトを立ち上げました。今までに計120億円を投資しました。

Ripple社は教育における金融包摂に向けて、Larsen氏が立ち上げた「Rippleworks」と連携し、

社会貢献活動を行なっており、MITなどの世界的名門大学におよそ55億円を寄付している。

Ripple社は自社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」というプロジェクトを

通して、ブロックチェーンの研究を推進するために世界で計28校の大学と提携している。

大学時代からブロックチェーンを学べれば、未来のブロックチェーンの発展は

目に見えてとんでもないことになるに違いありません。近いうちに、高校生でも

学校でブロックチェーンを学べるようにしたら、令和時代にブロックチェーンの

怪物が現れるかもしれませんね。目指せナカモトサトシ!!!

 

bitcoinで夢を叶える❤️チョコラより

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK